慰謝料とは


もし交通事故の被害にあってしまったり、自分の配偶者に不倫をされてしまった場合には、慰謝料を請求することができます。慰謝料という言葉はいろいろなところで耳にするようになりました。多くの方がなんとなく慰謝料のことを知っており、悪いことをした人から慰謝料を請求することができると理解しているでしょう。

慰謝料慰謝料というのは相手が違法行為をしてそれによって損害を受けた場合に、それによって生じた精神的な苦痛に対して支払ってもらうお金のことです。慰謝料を請求できるケースとできないケースがあるため、すべての状況で絶対に慰謝料を受け取れるわけではありません。民法によって厳密に定められており、さまざまな条件を満たしていれば、慰謝料を請求できる権利が発生するのです。

もちろん、精神的な苦痛というのはお金によってすべてが癒やされるわけではないでしょう。しかし、お金を受け取ることによって、多少なりとも気持ちは楽になります。また、加害者に対して私的制裁をするという側面もあります。これは、慰謝料の額が加害者の社会的地位や職業、所有している資産に影響されるケースがあるからです

このような慰謝料について、こちらでは具体的な事例を紹介しましょう。一体、どのような状況のときに慰謝料を請求することができるのか、どのくらいのお金を請求できるのか紹介しましょう。いつか慰謝料を請求したい事態が起きたときの参考にしてください。慰謝料を請求できるケースを教えましょう。