交通事故の慰謝料


交通事故の被害を受けたならば、慰謝料を請求することができます。交通事故にあってしまい、怪我をしたり、入院することになってしまったならば、大きな精神的苦痛を受けることになるでしょう。それに対して慰謝料を支払ってもらえるのです。

入通院慰謝料ここで注意点として、交通事故の際の損害賠償額というのは、いろいろなものが含まれています。治療費用や入院雑費、入通院慰謝料。後遺障害慰謝料といったものです。したがって、交通事故においては慰謝料はあくまでも損害賠償の中の一部となっています。慰謝料と損害賠償は別物なのです。

交通事故によって被害を受けた方が原則的に慰謝料を受け取ることができます。ただし、被害者が死亡してしまったケースもあるでしょう。この場合は相続人が受け取ることになります。

交通事故の慰謝料には主に3つの種類があります。まずは入通院慰謝料です。こちらは事故が原因となって通院をしたり、入通院をした場合の慰謝料です。後遺障害慰謝料というものもあり、こちらは後遺症が発生した場合の慰謝料のことです。さらに、死亡した場合に遺族が受け取ることのできる慰謝料として死亡慰謝料があります。

慰謝料の基準は自賠責保険基準や任意保険基準、弁護士基準というものがあります。この順番で金額の基準は高くなっています。最後にその他の慰謝料について説明します。