不倫の慰謝料


不倫をされた場合には状況によっては慰謝料を請求することができます。不倫の際の慰謝料の相場は100万円から500万円となっています。ただし、この数字は離婚の有無によって変動します。基本的には不倫をされた人がどのくらいの精神的苦痛を受けたかによって増額します。慰謝料を請求する人の資産やされる側の資産、悪質な行為であったのか、不倫相手が複数人いたのか、子供は多いのかといった点がチェックされて、慰謝料が高額になることもあります。

弁護士
画像出典 〈弁護士に依頼:アディーレ

ただし、慰謝料というのは基本的には当事者が合意すればそれが認められます。そのため、特殊なケースにおいては慰謝料がかなり高額になることもあるのです。もちろん、不倫をされても離婚もせず別居もしない場合には少額になることもあります。

基本的に不倫行為というのは故意や過失による行為であると認められなければ慰謝料を請求できません。たとえば不倫相手が相手が既婚者であると知らなかったケースでは慰謝料を請求できないでしょう。配偶者が自分は未婚だと嘘をついているケースがあるからです。

また、すでに夫婦関係が破綻しているような場合には、慰謝料の請求が認められないこともあります。そもそも守るべき権利が存在しないと考えられるからです。続いては、交通事故の慰謝料について説明します。